上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ゆうべのこと。
また、まるがふらふらと歩行困難になった。

すべての脚がふらふらでバランスがとれず
崩れるように転んでしまう。
そんな状態なのに落ち着きなく歩き回ろうとする。
また神経にきちゃったかもしれないと思い主治医に連絡を取るが不在。
そんなあいだもふらふらして時々口元がしまりなく舌が出てくる。

これは脳疾患?? 瞳孔はしっかりして追視もできるけど。。。

急いで夜間救急に行く準備をしてると相談したワンコ仲間が
かかりつけの獣医さんに連絡をとってくださり、大急ぎでそちらの病院へ。

移動中さらに落ち着きなく興奮状態。かと思うと時々脱力。胃液の嘔吐。
15分ほどで病院に到着したころには全く立てず、べしゃっと崩れ
不安そうにヨダレや舌がちょろっと出て脱力したお顔で
頭だけなんとか起き上がろうとする。

こんなまる初めてだよ。。。

経過を説明し、血液検査とレントゲン。
血液検査はすべて正常なことから内蔵疾患や中毒ではない。
レントゲンでは気道がやや腫れてるけど脊髄疾患ではなさそう。
なので症状の原因は何らかの脳疾患によるもので
MRIなど精査しないと原因はハッキリしないが、この全身状態では困難。
今は脳圧を下げる薬とステロイドの点滴を実施し効けば
この危険な状態は抜けられそうとのことで、すぐ開始。

ワタシがそばにいるとかえって動こうとがんばってしまい
安静にできないので、スタッフの方たちにまるを託し帰宅。

1時間半ほど経ちその点滴が終了するころには
まだ立てないままだけど興奮状態が落ち着き休めていて
危険な状態は回避できたと先生より連絡があり、ひと安心。
脳梗塞などを疑い、発症後から24時間の様子を見て
今後の治療を検討することに。


一夜明けて今朝一番で面会に行くとゆっくり休んでいたのが
ワタシに気づくと興奮してしまって落ち着きなく
立ち上がろうとしてはまた崩れるのくり返し。。
でも、ゆうべの1番ひどいときとは大違いで
ふらふらながらも起き上がれる!

先生のいまの所見では、よければ軽い脳梗塞。ひどければ脳炎。

このまま回復しますように。
また一緒に大好きな河原に行こう。
まるの力を信じて祈ってる。


時間外なのに診てくださった病院の方たち、
ネットワークを駆使してくださったワンコ仲間、
一緒に病院まで送ってくださった大切なおともだち
みんなに感謝。 まだまだよろしくお願いします。
スポンサーサイト
2012.05.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://malu0324.blog50.fc2.com/tb.php/580-28554921
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。