上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まるが新しい姿になった数時間後のこと。

まるの大好きな河原から、きれいな虹の橋が見えたって

河原のおともだちが教えてくれた。


rainbowbridge2_convert_20120510220206.jpg


まるが楽しそうにうひょうひょしながら走り回ってるんじゃないかって

そう言いながらみんなで眺めてたって。。。


何度も一緒にレインボーブリッジを渡りながら

遠い将来、お互い迷わずに逢えるーなんて言ってたけど

ワタシたちにとって、虹の橋はまさに多摩川の河原にあったんだね。

いっぱい走りまわりながら待っててね!

rainbowbridge_convert_20120510220316.jpg



『 虹の橋 』

天国のちょっと手前に「虹の橋」と呼ばれる場所がある。
ひとと愛し合っていた動物たちは、この世を去ると虹の橋へと向かう。
そこには草むらや丘があって、動物たちはみな仲良く
一緒に走り回ったりして遊んでいる。
そこには食べ物も水も、太陽の光もたっぷりあって
みんなあたたかく快適に過ごしている。
病気だったコも、年老いていたコも、皆が元気を取り戻し、
傷を負ったり、不自由な体をしていたコも、元の体を取り戻している。
ここにいるどのコも楽しく満ち足りた生活をしているけど
たったひとつだけ、気になることがある。
それは、自分にとって特別なあのひとが近くにいない寂しさ。
動物たちがみんな一緒に走り回って遊んでいたあるとき
その中の一匹が急に立ち止まって、遠くの方をじっと見つめている。
その瞳はキラキラと輝き、身体は喜びで小刻みに震えだす。
そして、突然仲間から離れ、空を飛ぶかのような速さで
緑の草のうえを駆け出していく。
あなたを見つけたのだ。
『虹の橋』での再会を喜び、ふたりはしっかりと抱き合い
もう二度と離れることはない。
幸せなキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたは愛するコを両手で優しくなで
その信頼にあふれた瞳を再びのぞき込む。
長い間離れてはいたけれど、ずっとココロののそばにいた、その瞳を。
そして一緒に『虹の橋』を渡っていく。。。


           この作者不明の「虹の橋」には「虹の橋のたもと」という
           続きがあります。
           ぜひ調べて読んでみてほしいです。


たくさんのやさしいかわいいお花に
あたたかなコメント、本当にありがとうございます。
感謝してやまない毎日です。
この場をかりて御礼申し上げます。
スポンサーサイト
2012.05.10 / Top↑
lasttamagawa4.jpg

lasttamagawa1.jpg
lasttamagawa2.jpg
lasttamagawa3.jpg

lasttamagawa5.jpg

  lsattamagawa6.jpg

まるが帰ってきて、すぐに、駆けつけてくれた皆さま
ありがとう。

大好きな河原の、大好きなおともだち
ありがとう。

かわいくて、やすらぐ香りのお花を贈ってくださった皆さま
ありがとう。

心があたたまる、やさしいコメントをくださった皆さま
ありがとう。

思いやりにあふれたメールをくれたみんな
ありがとう。

まるが新しい姿になるとき
ずっとそばについていてくださった皆さま
ありがとう。

まるへの気持ちをブログに綴ってくださった皆さま
ありがとう。

まるのために、ひとり泣きながら読経を唱えてくださったかた
ありがとう。

まるはこんなにたくさんのひとにワンコに愛されていたんだね。
大切な大好きなかわいいまる。
またみんなで一緒に走りまわろうね。
そのときまでちょっぴり、だいぶ、さみしいけど
気持ちはずっとそばにいるからね。 またね。
2012.05.06 / Top↑
MRIの検査でははっきりした脳の病変は見つからず
脊髄検査のため脊髄液を採取したところ
突然の心停止。
獣医師さんたちができうる限りの処置を行ってくれましたが
そのどれも、まるは応えませんでした。

2012年5/3  18:45 多摩川のまる。 4歳。 昇天。


   thankyoumalu.jpg

      応援してくれたみんな
       遊んでくれたみんな
         いっぱいいっぱいありがとう。



まる、うちに来てくれてありがとう。
とってもとっても幸せな日々だったよ。

まるを見守ってくださったすべてのワンコ、ひとたちもありがとう。
2012.05.04 / Top↑
発症の翌朝の5/1(火)の面会後、また夜に面会に行ってきた。

ワタシに気づくとオスワリができる!!
前脚の力が少しもどった!?
さらにゆき夫さんに気づくと耳をぴったんこして
喜んでいるような仕草もみられる!!
けどすぐに身体がしんどいのかフセの状態で目を閉じる。
ゆうべはフセすら保持できなかったことを思えば
点滴がちょっとは効果がある様子。
ただ起き上がろうとして力をいれるとタラタラと便失禁。。。
そしてなんだか目が見えていないのか視線があわない。。。
お顔の前で手を動かしても気づかない。。。
四肢の神経麻痺に、視神経の圧迫も考えられる。

でも、だいじょうぶ。 よくなってる。
また河原に行けるよ。 おいしいものも食べられるよ。 
まるをなでながらひたすらいいメッセージとパワーを送る。

発症後24時間経過して、1番恐い脳幹梗塞(呼吸、血液循環が麻痺する)は
否定できたもののまだまだ原因ははっきりせず
脳疾患(脳梗塞、脳出血、水頭症、脳炎など)は確実で
まだ、その急性期ということで状態の改善も楽観視はできない。
先生と相談して、ともかく3日間は脳圧を下げる点滴をして
(マンニトール:ひとの脳卒中でもよく使う浸透圧を調整する薬)
落ち着いたらMRIをして確定診断、治療方針の決定をしようということに。

   nyuuin.jpg

      みんなの元気玉とどいてるよー。


そして今日。 5/2(水)の夕方。

ワタシに気づいて立てたー!!
すぐしんどそうにフセになるけど麻痺がちょっと改善してる。
そして時々視線が合ってちゃんと目で追うことがある!!

よかったー。 危険な状態からは抜け出せた!
まるはやっぱり強いコだ。
たくさんのひとの元気玉が届いてしっかりまるのパワーになってる!
皆さま本当にありがとう。

予約が取れた、明日5/3にMRIをキャミック城南さん
(去年6月にヘルニア疑いで検査予定だったところ)でして
確定診断、この先の治療の目処がつくでしょう。
ヨシ、この調子で検査も乗り切ろう!

またまるをなでなでしながらいーっぱいパワーを送って
ちょっと家で寝てる気分になれるように
持ってたハンカチタオルを病室に置かせてもらった。
また明日ね。みんなついてるからね。


皆さまのあたたかい応援にまる家はとっても元気づけられています。
本当にありがとうございます。
そしてまだまだ、お世話になりますがよろしくお願いします。
2012.05.02 / Top↑
ゆうべのこと。
また、まるがふらふらと歩行困難になった。

すべての脚がふらふらでバランスがとれず
崩れるように転んでしまう。
そんな状態なのに落ち着きなく歩き回ろうとする。
また神経にきちゃったかもしれないと思い主治医に連絡を取るが不在。
そんなあいだもふらふらして時々口元がしまりなく舌が出てくる。

これは脳疾患?? 瞳孔はしっかりして追視もできるけど。。。

急いで夜間救急に行く準備をしてると相談したワンコ仲間が
かかりつけの獣医さんに連絡をとってくださり、大急ぎでそちらの病院へ。

移動中さらに落ち着きなく興奮状態。かと思うと時々脱力。胃液の嘔吐。
15分ほどで病院に到着したころには全く立てず、べしゃっと崩れ
不安そうにヨダレや舌がちょろっと出て脱力したお顔で
頭だけなんとか起き上がろうとする。

こんなまる初めてだよ。。。

経過を説明し、血液検査とレントゲン。
血液検査はすべて正常なことから内蔵疾患や中毒ではない。
レントゲンでは気道がやや腫れてるけど脊髄疾患ではなさそう。
なので症状の原因は何らかの脳疾患によるもので
MRIなど精査しないと原因はハッキリしないが、この全身状態では困難。
今は脳圧を下げる薬とステロイドの点滴を実施し効けば
この危険な状態は抜けられそうとのことで、すぐ開始。

ワタシがそばにいるとかえって動こうとがんばってしまい
安静にできないので、スタッフの方たちにまるを託し帰宅。

1時間半ほど経ちその点滴が終了するころには
まだ立てないままだけど興奮状態が落ち着き休めていて
危険な状態は回避できたと先生より連絡があり、ひと安心。
脳梗塞などを疑い、発症後から24時間の様子を見て
今後の治療を検討することに。


一夜明けて今朝一番で面会に行くとゆっくり休んでいたのが
ワタシに気づくと興奮してしまって落ち着きなく
立ち上がろうとしてはまた崩れるのくり返し。。
でも、ゆうべの1番ひどいときとは大違いで
ふらふらながらも起き上がれる!

先生のいまの所見では、よければ軽い脳梗塞。ひどければ脳炎。

このまま回復しますように。
また一緒に大好きな河原に行こう。
まるの力を信じて祈ってる。


時間外なのに診てくださった病院の方たち、
ネットワークを駆使してくださったワンコ仲間、
一緒に病院まで送ってくださった大切なおともだち
みんなに感謝。 まだまだよろしくお願いします。
2012.05.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。