上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Parc du Champ de Mars から。




念願のキラキラ☆エッフェルも見たことだし。。

さあ、新しい1歩を踏み出そう。

まるとゆき夫さんと。

  go_convert_20120914200113.jpg


今までありがとう。

malu01.jpg
スポンサーサイト
2012.09.20 / Top↑
france1.jpg

Mont Saint-Michel

france2.jpg


Grand Rueを観光中のブヒ。


france3.jpg

Musee de Louvre

france4.jpg

joudin du Carrouselでワインコルクで遊ぶブヒ。


まるのおかげで、やっぱりブヒがすき。
2012.09.14 / Top↑
2012年8月18日(土)

hanabi1.jpg


2年ぶりに開催のたまがわ花火大会。


hanabi2.jpg


涼しい河原の風を浴びながら、まる広場から。


hanabi3.jpg

2012.08.19 / Top↑
まるが新しい姿になった数時間後のこと。

まるの大好きな河原から、きれいな虹の橋が見えたって

河原のおともだちが教えてくれた。


rainbowbridge2_convert_20120510220206.jpg


まるが楽しそうにうひょうひょしながら走り回ってるんじゃないかって

そう言いながらみんなで眺めてたって。。。


何度も一緒にレインボーブリッジを渡りながら

遠い将来、お互い迷わずに逢えるーなんて言ってたけど

ワタシたちにとって、虹の橋はまさに多摩川の河原にあったんだね。

いっぱい走りまわりながら待っててね!

rainbowbridge_convert_20120510220316.jpg



『 虹の橋 』

天国のちょっと手前に「虹の橋」と呼ばれる場所がある。
ひとと愛し合っていた動物たちは、この世を去ると虹の橋へと向かう。
そこには草むらや丘があって、動物たちはみな仲良く
一緒に走り回ったりして遊んでいる。
そこには食べ物も水も、太陽の光もたっぷりあって
みんなあたたかく快適に過ごしている。
病気だったコも、年老いていたコも、皆が元気を取り戻し、
傷を負ったり、不自由な体をしていたコも、元の体を取り戻している。
ここにいるどのコも楽しく満ち足りた生活をしているけど
たったひとつだけ、気になることがある。
それは、自分にとって特別なあのひとが近くにいない寂しさ。
動物たちがみんな一緒に走り回って遊んでいたあるとき
その中の一匹が急に立ち止まって、遠くの方をじっと見つめている。
その瞳はキラキラと輝き、身体は喜びで小刻みに震えだす。
そして、突然仲間から離れ、空を飛ぶかのような速さで
緑の草のうえを駆け出していく。
あなたを見つけたのだ。
『虹の橋』での再会を喜び、ふたりはしっかりと抱き合い
もう二度と離れることはない。
幸せなキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたは愛するコを両手で優しくなで
その信頼にあふれた瞳を再びのぞき込む。
長い間離れてはいたけれど、ずっとココロののそばにいた、その瞳を。
そして一緒に『虹の橋』を渡っていく。。。


           この作者不明の「虹の橋」には「虹の橋のたもと」という
           続きがあります。
           ぜひ調べて読んでみてほしいです。


たくさんのやさしいかわいいお花に
あたたかなコメント、本当にありがとうございます。
感謝してやまない毎日です。
この場をかりて御礼申し上げます。
2012.05.10 / Top↑
lasttamagawa4.jpg

lasttamagawa1.jpg
lasttamagawa2.jpg
lasttamagawa3.jpg

lasttamagawa5.jpg

  lsattamagawa6.jpg

まるが帰ってきて、すぐに、駆けつけてくれた皆さま
ありがとう。

大好きな河原の、大好きなおともだち
ありがとう。

かわいくて、やすらぐ香りのお花を贈ってくださった皆さま
ありがとう。

心があたたまる、やさしいコメントをくださった皆さま
ありがとう。

思いやりにあふれたメールをくれたみんな
ありがとう。

まるが新しい姿になるとき
ずっとそばについていてくださった皆さま
ありがとう。

まるへの気持ちをブログに綴ってくださった皆さま
ありがとう。

まるのために、ひとり泣きながら読経を唱えてくださったかた
ありがとう。

まるはこんなにたくさんのひとにワンコに愛されていたんだね。
大切な大好きなかわいいまる。
またみんなで一緒に走りまわろうね。
そのときまでちょっぴり、だいぶ、さみしいけど
気持ちはずっとそばにいるからね。 またね。
2012.05.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。